We tend to talk at one another 

rather than with one another. — John P. Weiss

『(事もあろうに、人間は)会話でコラボする、というより、

一方通行な発話を...投げっこしてる』

上記の英語は、あるwriter の私見。

日本語は、私がつけたもの。

本来の talk (対話する、いわゆる conversation をするのがtalk)には、

やはり、「共に、一緒に」のニュアンスを出すwith とぴったり合う。

そこに、at の「一点集中」ニュアンスを上手く、巧みに使い、

会話というより、言葉の投げ合い状態を、talk at one another と表現しているのに、

またしても脱帽!